VARNA-The Another Words- 10月公演
ストーリー

  • twitterでつぶやく

Bismuth〜蒼鉛の舟〜

アーク海峡南西1200kmに位置する海洋都市「ウェルリンク」。
そこには海峡を越える為に世界中の飛行艇が集まる。
この海域に存在した孤島を中心に埋め立てられた海洋都市である。
世界を繋ぐ為の漁船と飛行艇の為の港であり、今年で開港400年になる。

蒼穹の彼方にある、穏やかな時間が流れる海洋都市。
そこには狂気に満ちた秘密があった。
この島を周回するトンビの鳴き声、耳を澄ますとその声の中に
「人間の悲鳴」が混じって聞こえる。あまりにもか細く一瞬で消えてしまい、
住人観光客達も気がつかぬ程である。
死を失った者が、死を取り戻す為に・・・。
今朝も、高台の上にあるあの屋敷の屋上から「悲鳴」が聞こえた。
・・・「錬金術師」と「少女」の住む屋敷から。

800年以上続く錬金術師の家系、第12代目「コバルト・ダーウィ」は
錬金術を「完成させた」と言われている「天才」。しかし、彼の目的は
錬金術の本質「物質を構成する精」を取り出す事。
「生命の根源(エリクシール)」を研究し「不老不死となった恋人」を殺す事。

それは悲劇の出来事だった。彼の父親、先代の錬金術師が偶然に
生み出した「秘薬」を飲み、コバルトの恋人は不老不死となってしまう。
宇宙の因果律からも見放された彼女を救う為、コバルトはあらゆる方法を
探し続ける。毒物を飲ませ、体を焼き、溶解させた。それでも彼女は再生し、
永遠に命を保ち続ける。それは悪夢のような現実、白昼夢のような日々。

コバルト「僕が欲しいのは「神」をも殺せる「毒薬」なんだ」

不老不死の恋人を殺す為に、コバルトは死の精製を開始する。研究の為に
膨大な資金が必要だった。そこでコバルトは「死」を売買する事に荷担する。
彼の元にやってきたのは、戦争を滅ぼす為に組織された軍隊「ゼノン」。
研究資金提供の見返りとしてコバルトは
ある契約を交わす事になる・・・。
全ては彼女の為に、そしてこの悪夢を終わらせる為に。

公演情報

ストーリー、出演者、公演日時等の詳細情報はこちら↓

VARNA-The Another Words-とは?

公式サイトはこちら↓
VARNA offical site

公式ブログはこちら↓
Voyage de VARNA

本サイトについて

HTML5 / CSS3 にて作成しています。Internet Explorerなどで正しく表示されない場合があります。
Firefox 3.5以上・Chrome・Safari、またはiPhone・iPadにてご覧ください。