VARNA WEBコンテンツ

Zoological Park

全ての空想の祖である「彼」から、私は「トランプケースのような箱」を譲り受けた。
「その中には数十枚のカードが納められてる、何に使うかは君次第だ」と彼は告げた。

箱には帯封がされており、そこにはこう書かれていた。


「永遠はない。全てのモノが有限であるからこそ、無限という空想が生まれた。」


帯封を明けた瞬間から、私の物語がはじまる。
全ての出会いも別れも、この瞬間に決まったのかも知れない。

Zoological Park ハーゲン・ベルク